FAQ-学位論文公開
 博士論文は必ずリポジトリに公開しなければならないのですか?
公開しなければなりません。
平成25年度4月以降の博士の学位授与について,学位規則(昭和28年文部省令第9号)等の一部改正に基づき博士論文等のインターネットの利用による公表が規定されました。
文部科学省「学位規則の一部を改正する省令の施行について」(平成25年3月)
国立大学法人富山大学学位規則
 手続きを教えてください。
各所属各部の学位申請窓口へご相談ください。
卒業生は直接図書館にお問い合わせください
富山大学学術情報リポジトリ登録依頼書(博士学位論文) register_thesis.pdf
学位規則改正による博士学位論文のインターネット公表について anual_register_thesis.pdf
 「やむを得ない事由がある場合に」提出する「要約」とはなんですか?
要約とは、博士論文をまとめたものであり、論文全体の内容が推測できるものです。分量の制限はありません。
要旨とは、学位申請書類の一つであり、執筆者が最も言いたかったことをまとめたものです。
 「やむを得ない事由」が解消されました。
速やかに全文をインターネット公表しなければなりません。
図書館にお知らせください。
 オリジナルの学位論文でも著作権の問題があるのですか?
オリジナルの学位論文の場合は、執筆者自身が著作権者となります。「リポジトリ登録依頼書」(博士学位論文)に署名いただければ、リポジトリで公開します。著作権は執筆者自身が保持します。
 特許申請中(予定)です。
リポジトリで公表してしまうと、新規性を喪失してしまい、特許取得ができなくなります。
その場合は、「やむを得ない事由」として扱います。
博士論文は非公開として、代わりに「要約」を公開します。
 プライバシーにかかわる写真や、掲載許可が認められていない図表等があります。
マスク処理をして公表することができます。
 博士論文が学術雑誌掲載論文(または一部使用している)の場合は?
基本的に出版社が著作権を持っています。
(論文投稿の際に、出版社に著作権を譲渡する契約を取り交わしていると思います)
出版社にリポジトリの掲載許可を取ってください。
まずは、投稿規定・著作権譲渡書(LicenseAgreement)・出版社のWebサイトを確認しましょう。
下記サイトからも確認できます。
・海外出版社・学会:SHERPA/RoMEO
・国内学協会:SCPJ
 学位論文にDOIは付与されますか?
付与しています。
 リポジトリで公開した博士論文にクレームがついた場合、図書館が責任を取ってくれますか?
論文の内容についての責任は、すべて著者が持ちます。
図書館に問い合わせがあった場合、著者へ取り次ぎします。