FAQ-登録
 リポジトリに登録する方法を教えてください。
こちらをご覧ください→登録について
 共著者がいます。
共著者全員に著作権が発生しますので、全員の掲載許可をとってください。
章ごとに著作者が異なる場合は、自分が執筆した部分のみをリポジトリに登録することができます。
許諾方法は問いません(口頭・メール等)。
 これから雑誌に投稿する予定です。
リポジトリで公開した時点で、公表済となり、新たに雑誌に投稿すると二重投稿と見なされる場合があります。
事案が解消してから、リポジトリへの登録を依頼してください。
 学会発表で使用したパワーポイントも公開できますか?
可能です。パワーポイントをPDFに変換して、公開します。
 著作権はどうなりますか?
移譲されません。
下記2点に同意ください。
  ①リポジトリを通してネットワークで無償公開すること(公衆送信権)
  ②利用及び保存のために必要な複製・ファイル変換を行うこと(複製権)
 図や写真の著作権はどこにありますか?
著作権を譲渡している場合は、出版社が著作権を有しています。
出版社の規定する公開条件をクリアすれば、論文本文と一体で公開可能です。
 著作権確認は行ってもらえるのでしょうか?
図書館で行います。
但し、小さな学協会や英語圏以外の出版社の場合は確認作業が困難な場合がありますので、事前に著者のほうで確認していただけると非常に助かります。
下記の著作権ポリシー検索サイトもご利用ください。
・[国内]SCPJ
・[海外]SHERPA/RoMEO
 異動・退職により、富山大学を離れた元教員でも登録できますか?
富山大学に所属している人・所属歴のある教員であれば大丈夫です。
 オープンアクセスジャーナルとしてすでに公開済みです。
ToRepoに掲載することで、富山大学及び教員の研究成果の説明責任を果たす/一覧として参照可能になるメリットがあります。
是非ともご提供ください。
 掲載論文の出典(Citation)は、表記されますか?
論文詳細画面に掲載します。
 著者最終稿とはなんですか?
著者最終稿とは査読が完了し受理された段階の先生が書かれた原稿ファイルになります。
別刷りではありません。
 誤字脱字を見つけました。
修正版をご提供ください。
 毎月初めに送信される利用統計メールを退職・異動後も受け取りたいです。
新しい送信先メールアドレスをお知らせください。
 出版社の所定のテンプレートを利用したものになります。
出版社のテンプレート自体に著作権が発生します。公開の可否を出版社に確認しますので、そのままご提供ください。
 問題が起こったとき誰が責任を負うのですか?
大前提として、問題が起こらないよう、リポジトリ公開前に著作権確認を行います。また、問題が発生した場合は、図書館側でできる限り対応します。
しかしながら最終的な責任者は著者自身となります。
富山大学学術情報リポジトリ運用指針
 提供した論文はすぐに公開してもらえますか?
出版社の公開条件に依ります。
多くの出版社はエンバーゴ(embargo:公開猶予期限)を設けており、期限が過ぎるまでは公開できません。
下記の著作権ポリシー検索サイトから確認できます。
・[国内]SCPJ
・[海外]SHERPA/RoMEO